« ジジにもなついてきた | トップページ | アイススケートデビュー »

2011年11月27日 (日)

焚き火で焼き芋

伐採した木で焚き火(田舎ではイイらしいんだよ…)して、いただいたまま放置していた芋を焼いた。長男が幼稚園で習ってきたんだと得意げでやり方を教えてくれた。

『芋が見えないように新聞紙にくるんで、それを水をいっぱい入れたタライ沈めてからよく絞り、アルミホイルを巻いて焼く』 らしい。無駄のない説明でご立派である。その通りにやったら、とてもおいしくできた。 おそらく紅アズマだったんだけど、ねっとりと焼けて甘みもあってとても美味だった。長男はご満悦でよく食べ、次男ももちろんパクパクとよく食べた。

こりゃー素敵だ、もっと焼こうと買い物に行き、安納芋を買ってきた。幼稚園ではコレだったらしい。で、同じように焼いたんだけど、芋の種類でまったく別のものになった。さらに甘くて水分多く、シロップ付けのかぼちゃみたいなのが焼けた。美味。でも、甘すぎて2本目に行こう~とは思わなかったかな。

そろそろ大栄愛娘シーズンだな。買いに行かねば。

« ジジにもなついてきた | トップページ | アイススケートデビュー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

次男:1歳0ヶ月~3ヶ月」カテゴリの記事

長男:4歳0~3ヶ月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジジにもなついてきた | トップページ | アイススケートデビュー »