« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の6件の記事

2012年2月29日 (水)

断乳しました

<一日目>土曜日。赤子がパッチリと起きた状態で最後の乳。あげるまえに、「これで最後のオッパイだからね。たくさん飲んでバイバイしようね。」と笑顔で伝える。本人、よくわかってないんだろうけど、ニコニコ飲んでいた。スッキリってほどは飲まなくて、アッサリ終わった。あーこれで人生最後の授乳か~と思って、飲んでる顔を写真に撮ってみた。なんだかしんみりした気持ちになった。当の本人は、飲み終わるとウハウハと遊び始める。その隙に、洗面所でコッソリと乳に顔を書く。思ったよりもかわいらしく書けて満足。 赤子と坊主を並んで座らせ、乳に書いた顔を見せる。赤子の表情が固まる。とりあえず、桶谷で指導された口上を述べる。「おいしいオッパイたくさん飲んでくれたから、ありがとうってお顔さんが出てきたよ。もうオッパイばいばいだね。」 すると赤子が乳の顔に向かってペコリとおじぎをした。うわー、予想外の反応!可愛い・・・。坊主が、触っても良い?と乳を不思議そうに観察していたら、赤子も寄ってきて、はーこりゃなんだ~って感じでよく見ていた。取り乱すこともなく、もう乳無いのかって感じだったように思う。

この日は、何度も何度も乳を見ては「おー」って言いながら面白がっていた。泣き叫んで乳を欲しがることもなく、牛乳・お水・ごはんをモリモリと食べる。なんて頼もしいやつだ。お昼寝は、指導された通り1時間ほどできりあげた。それでも機嫌悪くなることも無く、ニコニコと坊主を遊んでいた。坊主が大活躍して、赤子とかなり遊んでくれた。オニイチャン、頼もしいねぇ。

夜の寝かしつけが一番不安だったのだけど、21時半ごろなんとか寝てくれた。真っ暗にした寝室に連れて行ったところ泣き叫んでいたが、大丈夫だよーとか時々声がけしたところ、15分ぐらいで私に突っ伏すような形で寝てくれた。おー、順調!…が、大変だったのは夜中!一時間絶叫!もー、最終的には、泣きつかれてダウンって感じだったけど…これが毎晩になるのかとかなり憂鬱になった。

<二日目>日曜日。心配していた乳の張りも、ヒエピタと搾乳でなんとか乗り切れている。赤子本人は、この日もいたって平和。日中もご機嫌でモリモリ食べ、寝かしつけも座ったままの抱っこと子守唄で20分ぐらい。夜中もメソメソ泣いたものの絶叫することは無く、トントンだけで21時には寝てくれた。

<三日目>断乳後、初の平日。夫も坊主もいなくて大丈夫かしら~と案じていたが、午前中は園ママの家でお料理教室だったため、他の赤ちゃんたちと遊んで上機嫌。帰りの車の中で寝てしまって、そのまま坊主のお迎えまで2時間寝てしまう。乳はいよいよ張って痛くなってきたが、今日は1時間絞る&桶谷の日だったのでかなり楽になった。が、炒め物解禁の夢破れ油抜き続行。水分不足がたたって、ちょっと流れが悪くなっていたらしい。がっくり。授乳しないとのど渇かない&飲んでないのにトイレが近くなっていて、水分をとるのが億劫になっていたのだ。炎症があるため、また木曜に行かねばならなくなった。がっくり。桶谷に行ってる間の約2時間半、実家で坊主と赤子を見ててもらったのだが、赤子は終始ご機嫌で母を恋しがることもなかったらしい。すばらしい。乳やめてよかった。坊主は「お母さんまだかなぁ。ぼく、寂しくなっちゃった。」といってたらしい。こちらは相変わらず甘えん坊なのだ。実家からの帰りの車で寝てしまったため、就寝時間が二人ともずれる。23時ごろになってしまったが、夜中は平和だった。

<四日目>昨夜、寝たのが遅い割りに朝6時~7時までグズグズと泣く。隣で搾乳してたんだけど、泣かれてばかりで絞れなかった。桶谷で「朝、子どもに泣かれて搾乳できないと、乳腺炎になるわよ~。子がおきる前に絞っちゃわないと。」と言われていたことを思い出す。坊主を送っていく車で寝てしまい、帰宅しても起きず。結局、午前中3時間寝ていた。夜、寝かしつけはそんなに苦労がなく、20時半ごろから20分ぐらいかけて寝た。赤子を寝かしつけてから坊主の寝かしつけ。こちらも5分もせずに寝る。お~順調じゃーん。…が、夜中にやられた。1時から2時までグズグズ。2時から3時まで絶叫だった。あ~乳やめなきゃよかったとちょっぴり頭をよぎる。

<五日目>私も夫も坊主も寝不足でフラフラ。が、赤子本人はいたってご機嫌。昨日の夜泣きは昼寝が長かったせいかと反省し、今日は1時間ちょっとで起こした。20時半ごろ、10分ぐらいの抱っこ子守唄寝かしつけで平和に就寝。その後、寝不足の坊主、布団に入るなり寝た。今日一日大変だったね。今日はみんながよく眠れますように。あ~、乳の張りはほとんどない。が、絞らないと詰まるらしく、朝昼夕晩と絞る。明日はまた桶谷だ。一日3回の搾乳に減りますように。あと、できれば炒め物解禁になりますように。 油物をとらない&いままでよりもごはんの量を減らしているので、一日中お腹が空いている。一週間ぐらいで慣れるらしいが、これを機にダイエットだ~と我慢中である。

あ~ホントに、今夜は絶叫されませんように。

2012年2月22日 (水)

もうすぐ断乳

4月からの仕事復帰も決まり、それに向けて赤子の断乳を今週末に予定している。ネットでいろいろみて、自己流でいくか桶谷式で行くか悩んだ末、結局、いつもお世話になっている桶谷式で相談しながらすすめることにした。坊主のときの断乳が自己流だったせいか、右乳上部にしこりが残ったままなのだ。あと、赤子を出産したときの、あの乳の張りの悪夢を思うと、やっぱりプロにおまかせしたほうが安心かな~と。

何ヶ月かぶりに赤子を見てもらい、乳をみてもらったところ、赤子の成長振りにニコニコと驚いてくれた。「もう走ってるし、話すことも理解してるようなのでイケルでしょう。ただ、それでも月齢的にはちょっと早いわけだし、泣くと思うよ~母の決心、大丈夫?」と聞かれた。私としては、3人目の予定はないので、もうこれが最後の授乳ライフか~と思うと確かにちょっと寂しい。が、仕事始めちゃうと、昼休みも不規則でとても搾乳してる暇などない&赤子は何でも良く食べ、ストローもコップも上手で、牛乳もガブガブ飲めるので、やはり実行します!と答えた。

じゃ、すすめていきましょうということに。断乳実行前に3回乳の状態を見てもらう。断乳後3日目にまた見てもらう。以後、しばらく続くのかもしれないけど、とりあえず予約を入れたのはその3日目まで。 同時に赤子への言い聞かせも開始。「おいしいおっぱいを全部飲み終わると、にこにこのお顔が出てきて、おっぱいはおしまいになるんだよ。そうしたら、バイバイしようね。それまではいっぱい飲んでね。おっぱいはバイバイになるけど、お母さんはいなくならないよ。いつも一緒にいるからね。」てな感じに毎日一回だけ言うように指導された。 赤子に言い聞かせると、キョトーンとしている。困ったように微笑む。どの辺をりかいしてるかわからないけど、「ニコニコ」「おっぱいバイバイ」あたりはわかってるんじゃないかなぁ~。

断乳まで、油もの我慢と強く言われる。牛乳もチョコもだめ…うーん!言われるとかえって甘いもの食べたくなるなぁ! 断乳したら、ますます食べる量と運動に気をつけないとなぁ。消費カロリーが激減するんだもんね…。

断乳。赤子ははじめはとっても悲しいだろうけど、そのうち慣れるだろうし、坊主は、すごくうれしいだろうなぁ~。いまも、乳あげてると「早く終わらないかなぁ~」「もうすぐ終わる?」と寂しそうだし。私としても、これまであげてこれたんだから、もう十分なのだ。週末、がんばるぞー。

2012年2月16日 (木)

インフルエンザ大流行

幼稚園で猛威をふるいまくっているインフルエンザ。結局、我が家にも飛び火し、坊主・赤子・私がダウン。夫と義母はいまところ無事だけど、夫が喉が痛い&微熱なので、これからどうなるかなぁ。

代車に「クラウンマジェスタ」がきている。エンジンをかけると、自動でシートの高さやハンドルの高さが調整される。エンジンを切るとそれがぜ~んぶ戻って広々になり、降りやすくなる。いくらアクセルを踏んでも、すごい静かでスピード感がまったくない。乗り心地はサイコーである。窓のサンシェードも全部電動。ネットでみたところ、価格は612万~…。うーん!こんな車買う人ってどんな人なんだろう。 少なくとも、我が家のライフスタイル(経済状況にも)には合ってない。スライドドアじゃないと子どもの乗降が大変だし、トランクルームが別ドアになってると、すぐに荷物や上着を取り出すこともできないし、子どもが車内を泥やお菓子で汚すのに寛容になれないし…。 あ!燃費も最悪!この時代に、リッター6キロしか走らないなんて!!!ありえな~い。 ということで、早く注文した車が納車にならないかなぁ。

2012年2月10日 (金)

新車買うらしい

車が壊れた翌日、トヨタに新車買った場合の納期を尋ねたところ、約一ヶ月。代車もどうにかするってことになって、中古ではなく新車を買うことになった。ダンナ一時間休をとって、家族みんなでトヨタに商談に。営業君とダンナがあれこれ相談してる1時間半の間、わんぱく赤子と元気有り余ってる坊主を営業所内でなんとか遊ばせてほんとーーーーに疲れた。

ダンナの「他に乗りたい車が特にない」という理由で、またもやエスティマハイブリットにあっさり決まり、色も坊主が「これがいい~」とあっさりと決める。車選びって、こんな簡単でいいのかなぁ??自分が独身時代に車を買ったときには、何台か試乗したしあれこれ価格調査もしたような記憶があるなぁ~。

ぎゃ、いま、幼稚園ママたちから、「夕方から高熱。どうもインフルエンザらしい」「うちも~」というメールが何通かきた。坊主は大丈夫かなぁ。一応、予防接種2回、ちゃんと受けてるんだけど。今年はかなり猛威をふるってるみたいで、いまもニュースで幼児が重症化してるってやってたな。どうぞみなさまお大事に。

2012年2月 8日 (水)

車が壊れた

坊主を幼稚園に送り届けた帰り道。突然、アクセルを踏んでも加速しなくなった。惰性でなんとか路肩に停め、エンジンを切り、再度エンジンをかけ直してみたが変わらず。警告ランプは一つもついてないし、ハイブリット異常もなさそう。なんだこりゃー。 ダンナに電話したがつながらず、実家の父に電話したところつながった。すぐに駆けつけてくれみてくれたが、やはりダメ。トヨタに電話し車を取りに来てもらった。

修理するとしたらの見積もりと期間を調べてもらったところ、最低でも45万!・・・21万キロも乗ってるしね。さすがに新車買ってくれとダンナに進言しました。

2012年2月 7日 (火)

坊主スキーデビュー

坊主、苗場にてスキーデビューを果たした。

苗場の「パンダルマンキッズ」というスキースクールが、親切丁寧で楽しくやれそうだったので、行ってきたのだ。親バカ承知で言うと、坊主はけっこう運動神経がいいと思う。が、根性ナシの甘えん坊の泣き虫なので、スキーはダメかもなぁ~と覚悟しての参加だった。私の中では、開始時間に預けて終了時間に迎えに行くだけのつもりだったのだが、泣き虫坊主がそれを許さず、結局午前午後の計4時間、傍らで見学する羽目になった…。

が、参加させてよかった!午前中こそ、ちょっと「寂しい~」と泣きべそをかいたが、その後は良いテンションで参加することができ、午後はみんなのお手本になっていた!先生が「ハイ、この子の滑りをよくみてね~!こんな風にやるんだよー!みんな真似してね!」と坊主をお手本に滑らせていた。うぅ、母は鼻が高すぎです。室内トレーニングは、もう完璧!で、外の練習はまぁまぁ~って感じだったかな。ボールやベルを叩きながら滑ってきてハの字でストップ、が、最後の一本はなかなか上手にできていた。

初日のスクールは一生懸命やっていたが、二日目はスキーよりもソリなどの雪遊びに夢中だった。ま、そんなもんか。

赤子は…案の定というか、なんというか。あまり雪は楽しそうじゃなかった。ま~外大好きの坊主でさえ、1歳のときは雪よりも室内キッズスペースの方が楽しそうだったからなぁ。今シーズンは仕方ないかな。

夫が、あと一泊二日を3回ぐらい行こうか~とあれこれ場所を検討している。ゲレンデサイドのホテルがあり、キッズスクールが楽しげで、室内キッズスペースがあり、ハーフパイプがあるところ…。そんな条件のところは数箇所しかないようですが。それにしても、こども二人連れていくって、ほんと、大変だなぁ。坊主ひとりだけのときは、夫と交代で結構滑れたんだけど。まだ赤子が乳離れしてないので、仕方ないかなぁ。こんなことなら1月中に断乳しておけばよかったなんて思ってみたり。ま、4月から仕事始めるし、3月中旬までには断乳するつもりなんだけど。乳やり生活も、あと1ヶ月か~と思うと、寂しいような嬉しいような。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »