« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の8件の記事

2012年4月25日 (水)

初家庭訪問

初家庭訪問だった。用意しておいたお茶菓子は、赤子があっという間に食い散らかしたものの、おかげで赤子邪魔されることなく先生と話すことができた。
坊主の落花生アレルギーへの対応を職員会議で検討してくれたそうで、今年度は落花生ではなく枝豆を栽培することにしてくれたそうだ。前の幼稚園では落花生関係の日は休ませたので、その対応の違いにびっくり。ありがとうございます。
が、その話以外は、「ちょっと心配なことがあるとすぐ泣くんですが、おうちではどうですか」「給食を食わず嫌いしていて半分ぐらいしか食べないんですが、おうちではどうですか」という全くありがたくない、あぁほんとに申し訳ないです〜という話だった。坊主め。今後の予定や流れなどの見通しがたてば泣かないことが多いけど、集団生活の中では指導に限界もあると思うので、できる範囲でいいですと伝えるとメモしてくれていた。ありがたい。給食は、前の幼稚園では居残りしても食べさせられてたので、もう少し強く指導してもらって構わないし、家でも声がけするようにしますと伝えた。隣で聞いていた坊主が、「今日のお魚は初めてだったけど、ちゃんとたべたよ♪」とニコニコしていた。かわいいやつめ。
和やかに会話して終了。15分ぐらい話したかなぁ。お茶、断られるかもと思ったけど、お茶だけは飲んでいかれた。坊主は「お話だけだったけど楽しかったな♪だって、わざわざぼくの家まで先生がきてくれたんだもん♪」とニコニコだった。ふーん、そういうものなのね。

2012年4月24日 (火)

身体測定など

今度の幼稚園では毎月身体測定がある。一年ぶりに測る坊主の身長、どのくらいかな〜110センチ超えたかなと楽しみにしていたら意外に伸びてなかった。身長108.4センチ、体重19.8キロ。
今日は幼稚園の近くのイチゴ園でイチゴ狩り。「僕ね、ずっと前から楽しみだったんだよ♪」とウキウキと出掛けていき、帰宅後も「いっぱい食べたよ。15個かな、もっとかな、忘れちゃった。」と恥ずかしそうに笑っててとっても可愛らしかった。

2012年4月19日 (木)

赤子の貧血検査と坊主の保育参観

2ヶ月ぶりの受診。赤子、めでたく貧血の治療から解放されました!よかった~。もう混んでる大病院に連れて行く必要もなく、血液検査時の号泣も聞かなくていいわけだ。あーよかった。

坊主の保育参観には、私が行けない代わりに夫が行ったのだが、終始、夫のそばを離れず、歌もみんなで歌わず、夫が帰るときには泣きながらついてきたらしいい。案の定といえば案の定なんだけど、まったく甘えん坊でしょうがないなぁ。夫、いろんなお母さんたちに「うちも上の子はそうだったわよ~」と励まされてきたらしい。お疲れ様でした。 坊主は、親がいるとだめなんだよねぇ。いないとその場を満喫してるみたいで、毎日「今日もすっごく楽しかった!お休みの日も幼稚園行きたい~」って帰ってくるんだけどなぁ。坊主いわく、今日ダメダメだった理由は『朝、行くときが幼稚園バスじゃなかったからだよ』だって。 一ついいこともあって、こないだ女の子と叩き合いになっちゃったらしいんだけど、今日はやられてもやり返さなかったらしい。エライ。先日、坊主に「男は女を叩いちゃダメだ。お父さんはお母さんのこと叩かないでしょ。」と言ったら神妙な顔して聞いてたからな。ただし、エーンエーンと泣いてしまったらしいけど。目の周りにアザもできてたし、痛かったんだろうな。

2012年4月17日 (火)

赤子の才能

赤子、常日頃から食べることに関する才能にあふれている。離乳食開始から今まで、食べ渋ることや好き嫌いで困らせることはほぼ皆無、腸が丈夫で何を食べても下痢をせず、全然練習させていないのにスプーンやフォークもとても上手。前にも書いたが、野菜が大好きでほっぺを「オイシイ」とピタピタ叩きながらたいらげている。

今日、静かだな~平和だな~幼稚園バンザイだな~と思いながら録画しておいたドラマを見ていた。ん?赤子はどこだ?洗面所にさっきまでいたのにいない!子ども部屋にもいない!どこだ~??と戻ってきたら、台所で足台の上に立ち、IH上にのったままのフライパンからフレンチトーストをつまみぐいしていた。両手でつかんでモグモグしながら、私と目が合ってニッコリ。私の方はもう、ビックリしすぎてとっさには声が出なかった。気を取り直して皿によそってやると、ニコニコとついてきて椅子に座り、牛乳をゴクゴク飲みながら、あっという間に完食し。空になった皿を私に差し出して「アー!」というので、全部食べたね~すごいね~と褒めてやると、その皿を持って再びキッチンへ行ってしまった。で、再び足台に乗り、自分でフライパンから皿によそって「アイ!」と満面の笑みで私に差し出してくれた。おまえ、本当に1歳と5ヶ月かい?坊主でも自分ではお代わりには行かないよ…。

坊主、新しい幼稚園はとっても順調。今日もニコニコと「すっごく楽しかった!」と帰ってきた。2~3月と毎日泣きながら幼稚園に行っていたのが遠い昔のようだ…。まだ13時帰りが続いてるけど、これが15時になってもニコニコが続くといいなぁ。春休み、9時過ぎまで寝ていた私と坊主と赤子。最近は6時すぎには起床できるようになった。夜も21時前には寝てるし。子どもが早く寝ると、ドラマが見放題でしあわせだ。今日から始まったリーガル・ハイ。堺氏の笑顔に、もうメロメロです。

2012年4月16日 (月)

防災頭巾

市の予算削減のため、園児に配布されるはずの防災頭巾が自費&自力で購入になった。ホームセンターでみたら、小学生むけの大きなものしかなく、結局、楽天で探して注文した。自費なのは全然構わないので、全員に注文とって園でまとめて購入してくれればいいのになぁ。 今日から坊主は幼稚園給食が始まった。前の幼稚園では全部食べ終わるまでゴチソウサマできなかったのだが、今度は嫌いなものは残してもいいらしく「全部は食べなかった」と言っていた。幼少期に偏食だった私はそれでもいいと思うんだけど、せっかく何でも完食す習慣ができてたのになぁ~と少々残念でもある。

2012041614090000 早帰り後、前の幼稚園のお友だちと待ち合わせてみんなで公園で遊んだ。「みんなで」と言っても、赤子の勝手な行動のせいでちっともみんなで遊べなかったけど…。それでも坊主はみんなでおたまじゃくしつかまえたり、遊具で遊んだり、走り回ったりしてたから、まぁいいか。桜も見ごろを過ぎてしまってはいたものの、まぁまぁきれいだった。

2012年4月13日 (金)

新しい幼稚園

坊主の新しい幼稚園が始まった。水曜日の入園式…行くなり親と子が別々に座らねばならず、アウト。グズグズと泣き、離れようとすると号泣。結局、式の間ず~っと椅子に腰掛ける坊主の脇で小さくしゃがんでいてホント疲れた。40人ちょっとの新入生の中で、親と離れられずに一緒に座っていたのは4人。みんな男の子。父兄席にも数人いたっぽい。来賓の話が終わったら「お母さん、もう後ろの席に言ってもいいよ」と言えた坊主。その後は、先生方と一緒に歌ったりでき、担任の先生と一緒に教室にもスムーズに移動でき、ちゃんと席にも座ることができていた。イイコイイコ。しかし、坊主が落ち着いた頃には赤子が飽きだして大変だった。あちこち歩き回るし、いたずらするし、やめさせれば号泣だし。夫に仕事休んでもらって大正解だ。はー、まったく手のかかる息子どもだ。

初日がそんなだったから、翌日の登園バスは泣いて嫌がるかな~と思ったけど、意外にも涙をこらえて作り笑顔で「行ってきます!」と元気に乗っていった。11時にお迎えに行ったときもニッコニコ。帰りの車の中で「ぼく、新しい幼稚園、もう気に入っちゃった!おともだちと遊ぶの楽しいんだよ~」とウキウキ。頑張って行けたご褒美に昼食はハッピーセットを買ってあげた。音が出るブレスレットに坊主大喜び。赤子も「ウオ。ウオ。」と気に入っていた様子。

今日は、作り笑顔ではなく本当の笑顔で元気にバスに乗りこめた。が、坊主の席に女の子が座ってしまっていて、バス当番の方がその女の子に移動をうながしても首を振るばかり。何分かそのやりとりが続いたけど、結局、坊主がその子の隣に座って出発していった。後で坊主に聞いたら、バスの中でその女の子とたくさんお話ができたらしく「ともだちになった!」と大喜びだった。まぁ結果オーライなんだけど、バスの座席は安全上の理由からと完全に指定席だと園から強く言われているのだ。月曜から、どうするのかな~。私が仕事があってお迎えは実家の母に頼んだんだけど、ニコニコ帰ってこれたみたい。ただ、実家では何度か号泣したみたいだけど…。ま、仕方ない。泣き虫の甘えん坊だからな。仕事から帰宅すると、赤子はウエーンどこ行ってたんだよーって勢いで抱きついてきたけど、坊主はニコニコで新しい幼稚園の話をいろいろ教えてくれた。

来週からは給食もスタートし、13時帰りになる。何日かして15時帰りになるんだけど、月末はまた家庭訪問で13時帰り。通常保育になるのは、5月の連休明けかな~。まだまだだな…。坊主は「もっと幼稚園で遊びたいな~」って言ってるので、スムーズなスタートがきれたかな。前の幼稚園から変わるのが親子ともに不安だったので、とりあえず一安心だ。

2012年4月 9日 (月)

今度こそ終了

結局、昨日はたんばらスノーパークに行ってきた。またもや日帰り。「宝探し」をお目当てにいったのに、それは整理券が必要だったらしく参加できなかった。アナウンスでは「宝探しが開催されます。14時までに会場においでください」ってものだったので、ウキウキ開始時間に行った坊主、できないとわかって大号泣。母も泣きたい気持ちだったよ。ごめんね。もー、アナウンスで「先着何名様限定で、参加には整理券が必要となります」って言えよ!と私はかなりご立腹だった。ダンナがイチゴクレープを坊主に買ってやり、なんとか坊主は機嫌を直していたが、母は翌日になってもご立腹持続中。

で、肝心の坊主のスキーだけど、また上達した。結構な傾斜のある連続ウェーブにも一人でガンガン入れるようになり、コース脇の山の傾斜を楽しんで攻めていた。母は怖いのに!緩斜ではボーゲンヘルパー外しても滑れるようになった。やるなぁ、坊主め~。ダンナはクロスコースを久しぶりに堪能したらしく「俺って、やっぱりうまい。俺ほど早くクロスコースを滑れる人はいなかった」とご満悦だった。…こんなことここに書いてるの見つかったら怒られそうだな。

私もそれなりに堪能できた。赤子は…またダンナの背中で泣いて寝てしまった。が、昼ごはんにナポリタンを顔を真っ赤に染めながら自力で平らげ、それでも足りないと他のものも食べ、室内のキッズルームで走り回ってたし良かったかな。キッズルームで隣の市に住む人と話した。世間は狭いな。

2012年4月 3日 (火)

今シーズン終了

Dscf2579_1 日曜日、日帰りでいわっぱらに行ってきた。片道4時間。遠いなぁ。でも、その甲斐あって、坊主はとっても楽しそうだった。ボーゲンヘルパー大活躍で、夫のサポートはほぼ不要。転んだときだけ起こしてあげなくちゃいけなかったけど…そもそもあんまり転ばなかった。子どもってバランス感覚いいのね。坊主、スラロームコースとキッズパークで超ご機嫌。昼ごはんも食べずに滑りたい!って勢い。赤子は相変わらず鼻水たらしてほっぺを真っ赤にしながらおんぶされていた。リフトの上ではちょっと不憫に見えたけど、夫におんぶされながらキッズパークのトンネルくぐったりするのは楽しかったらしい。私も坊主に併走しながら結構滑れて、最後はもう先にあがらせてくれ~って感じだった。帰り道、二人ともスヤスヤねんね。関越が渋滞してたので東北道まわりで返り、久喜で個室付貸しきり温泉に浸かり、夕飯もここですませた。お金はかかるけど、赤子連れだとこういうところがほんとに楽チン。その後、子どもたちは車でまた寝ちゃって、そのままベッドにゴー。よく頑張ったもんね。また来シーズンはりきって行こうね。

これからは、プールとアイススケート頑張るぞ。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »