長男:3歳0ヶ月~3ヶ月

2011年3月14日 (月)

地震

11日。ライフラインすべてやられた。夫は帰宅手段がない上、公務員なので職場を離れることが出来ず帰宅できない。真っ暗で寒い中、0歳、3歳、介護母を抱えての夜、ほんとにしんどかった。

12日。一夜明けて、実家の電気が復旧したのでそちらに避難。電気と水が使えるって、本当にありがたいことだと思った。テレビをみて、初めて東北地方の惨状を目の当たりにする。仙台在住時代の友人にメールしても、全然返事がない。停電のせいだ、充電できれば返事があるはずだと自分に言い聞かせる。 岩手の釜石に住んでる友人、宮城県の北部沿岸に住んでいる友人は一体どうなってるんだろう。ウェイクボードやってたころの友人たちは、みんな沿岸に住んでいる。ニュースを見れば見るほど気が滅入る。夜になって、夫が高速バスで帰宅した。ほっとした。

13日。自宅はまだ断水。実家に避難。子どもたちは不安を感じているのか、すごく甘えてくるし、すぐ転ぶし、すぐ泣く。実家のおかげで食べるものにもお風呂にも困らず、ありがたい。完全母乳でよかったとつくづく思う。被災地にミルクはあるのかな。おむつは足りてるんだろうか。

14日。計画停電がどうなるかわからないで、とりあえず夫は自宅待機。今日は暖かい。被災地でも暖かいだろうなとちょっとほっとしている。でも、山間部は雪崩が怖いだろうな…。

2011年2月13日 (日)

赤子。

この3連休は、夫が坊主とよく遊んでくれたので、私は赤子とゆっくりすることができた。普段は、「ぐずってないのに抱っこする」なんてことはほぼ皆無…。だけど、この三日間はたっぷり抱っこして、目と目を合わせてあやして、話しかけて~ってことがたくさん出来た。赤子はとってもうれしそうににっこりして、おしゃべりもいつもよりもいっぱいしてくれた。目がなくなるぐらいニッコリと笑ってきゃっきゃ!と声を出す様子は、本当に愛らしい。

指しゃぶりが上達してきた。いままではゲンコをなめるって感じだったけど、お気に入りの指をなめるようになってきた。たまに指をつっこみすぎてオエってなってるのもかわいい。手を突き上げてジーっとみるのも上達してきた。プレイジムにぶら下げてあるおもちゃをそっと触って、動くのを不思議そうに見る様子も増えた。まだ持って遊ぶところまではいってないけど、それもそのうちだろうなぁ。

二人目は、本当にあっという間に成長してしまう。うれしいけど、さびしい。服も、昨日から70にサイズアップしてみた。まだ早いかなと思ったけど、ピッタリ。体重は標準ぐらいだけど、背が大きいんじゃないかなぁ。赤子も、坊主と同様に細長い子になりそうな感じ…。

坊主は赤子がかわいくてかわいくて仕方ないらしい。ねんねしてると寂しいらしく、すぐにほっぺをつつきに行ってしまう。おもちゃを貸してあげたくて仕方ないらしく、自分が作ったブロックや車をどんどん赤子の周りに持ってくる。微笑ましいんだけど、危ないことは注意しなくてはならず、坊主にも赤子にも不憫。そういう姿をみてると、早く赤子が大きくなって、坊主と遊べるようになるといいなぁと思う。

赤子にとっても、一日中しゃべって歌って踊って暴れて・・・の坊主は見ていて飽きないらしい。いつも目で追っている。ただ、大声で騒がれるのは辛いらしく、坊主の奇声にエーンエーンとよく泣いている。ワタシも耳を覆って泣きたいくらいの大声なので、無理もない。

あー、明日からまた平日スタートだな。『大変さも楽しむ』のを忘れず、ニコニコ過ごしたいな。

2011年2月11日 (金)

坊主。

赤子のせいで我慢させちゃう場面が多くなった。おおめにみて甘えさせる場面と、ギャーッと怒ってでも我慢させる場面で悩む。とりあえず、こっちの気分で怒らないようにだけは気をつけないとなぁ。一貫して、これはダメ、これはイイよにしたい。 といっても、赤子が生まれてからはなかなか難しい。やっぱり親に余裕がないとダメだなぁ。反省。

一貫してダメと言い続けたものが、坊主なりに成長してきた。 一番の成長は、朝の『遊んで、かまって』攻撃が止んだこと。 いまは『ねぇねぇ。お母さん。ご飯食べて、パジャマ着替えて、お茶碗洗って、お洗濯して、お掃除して、歯磨きしたら、一緒に遊ぼうね♪ ぼく待ってる。・・・あ、やっぱり手伝ってあげる!』に、なった。毎朝、そう言ってくれる。びっくり。 たくさんほめて、ぎゅっとして、なるべく手早く仕事を片付けるようにしている。坊主が参加できる仕事をどんどん手伝ってもらって、ほめちぎっている。得意げにいろいろやってくれる様子は、本当にかわいらしい。

赤子が生まれて、坊主が赤子のせいでさびしい思いをしないように、やきもち焼いたりしないように、って、意識してかわいがるようにしてきた気がする。でも、やっぱりそんなの続かないというか、可愛いときもあれば、生意気なー!とカチンとくるときもある。いつもいつも坊主を優先してかわいがるなんて、やっぱり無理だと分かった。なので、最近は坊主が後回しなこともあるし、坊主が優先されることもある。後回しになったときは、待てるときもあれば、癇癪おこして大絶叫のときもある。 あまりにも坊主の聞き分けが悪いときにワタシが怒ると、本当に悲しそうな顔をして涙をポロポロこぼしながら謝ってくる。お母さんに怒られると言うのは、この世の終わりのような感じがするのかなぁ…。まだ3歳だもんね。

ふてくされたときは、両手を後ろに回して背中をむけて歩いていったりする。うれしいときは、飛び上がって喜んでいる。得意げなときは、洋服のポケットに手を入れて、肩で歩いて見せたりする。夫が帰ってくると、走り寄って行って抱っこをせがむ。本当に本当に愛らしい。来年の今頃には、もう、こんな様子とは全然違ってるんだろうなぁ。

「大変さも楽しもう」と思いつつも、ついつい寝不足などで余裕なくしちゃってごめんね。明日から、またよろしくね。風邪もよくなったことだし、久しぶりに楽しい週末にしたいな。 

2011年2月10日 (木)

サボリな日

8時半に坊主に起こされ起床…既に夫の姿ナシ。 9時、坊主に朝食を食べさせていると、義母がデイケアに出かける。 掃除、洗濯を済ませると、なんだか力尽きてきた。 10時半、赤子がスヤスヤと寝たので、「ポップコーンを食べながらDVD観ようよ」と坊主に提案。二人でポップコーンを作って食べながらダラダラとDVDを観る。 12時半、お好み焼きを作って、ソファーでDVDを観ながら食事。 13時、赤子起きる。赤子抱っこしつつ、隣で坊主にPCゲームやらせながらマッサージクッションを堪能。 13時半~15時、子ども部屋で遊ぶ。 15時半、赤子が寝たので坊主と風呂。早いけど、赤子の昼寝に合わせて入らないといけないので仕方ない。 で、いま、16時。坊主に風呂上りのアイスボックスを与え、録画したおさるのジョージを見せつつ、自分はPCやりつつマッサージソファ堪能。赤子はまだネンネ中。 あ、義母帰ってきた。ちょっと気まずいけど、まぁいいか。 で、本日の夕飯は惣菜コロッケの予定。

たまにはこんなサボリな日もあっていいよねぇ…。

2011年2月 9日 (水)

「もう、お母さん、嫌い!」

昨日、自分で夕飯を食べない坊主に「じゃぁ食べなくていいよ。」と片付けたら、大号泣&大絶叫で 『なんで片付けちゃうの! もう、お母さん、やだ!嫌い!』 と叫ばれた。坊主に嫌いと言われたのは、初だ。うへ。

1時間後ぐらいに、坊主に 『ねぇねぇ、お母さん。ずーっとずーっと一緒にいようね。』と言われたので、「もう、お母さん嫌いになっちゃったんじゃないの?」と聞くと、ニヤニヤしながら 『もう好きになっちゃった。』とクネクネしていた。可愛い奴だ。

2011年2月 5日 (土)

親二人も風邪ひいた

子どもの風邪が、とうとう夫とワタシにも。喉、頭、鼻…やられています。先週に引き続き、今週も安静の週末。つまらない!!

赤子は、声を出してキャッキャと笑うようになって、ますます可愛い。くすぐると、キャキャキャ~とニコニコ。 

2011年2月 2日 (水)

赤子が風邪ひいた

昨日から生後3ヶ月突入。おめでとう赤子。 で、坊主の風邪がうつって早速風邪ひいてる…。咳き込んで涙目になっててとっても不憫。 坊主の薬をもらいにいった際に、赤子の様子を相談してきたけど、「そんなに小さいと飲ませられる薬も少ないしねぇ。熱が高くなったり、咳き込んで飲めないようになったら、受診かなぁ。ちょっと様子見て。」と言われた。 とりあえず、機嫌はまぁまぁだし、飲めてるし、うんちもおしっこも正常だし、様子見だなぁ。

坊主の咳は相変わらず。これまた不憫。

うちの地区の保健師さんいわく、「風邪は母体に抗体ができないから、母体から免疫をもらうことが出来ない。なので、おにいちゃんが風邪ひいてたら、近くに寄らないように気をつけるとか…」などといわれたけど、一人で育児しててそんなの不可能だっつーの。わざわざ電話くれるなら、もっとイイアドバイスをしていただきたいです。

2011年1月30日 (日)

坊主が熱出した

金曜日の夜から、突然の発熱。夜中には39度超え。苦しいと泣くので坐薬を使用。こりゃー、インフルエンザかなぁ??せっかく予防接種したのにかわいそうになぁ…と思いつつ、翌朝、小児科を受診。インフルエンザの検査は陰性だった。ほ。 しかし、39度台の熱が続き、夜になってようやく38度ぐらいに下がった。さすがの坊主もグッタリ気味で、めずらしく自主的に昼寝していた。 今日は朝から平熱。夕方になったあたりから、元気ハツラツになって家を走り回り始め、「散歩に行こう」だの「お出かけしよう」だのいい始め、ダメだというと猛癇癪。あまりのしつこさにかなりイラっとしてしまった…。

でも、考えてみたら、平日に散歩や外出をねだる坊主に、「お散歩はお父さんがいるときね。」「お出かけはお父さんがお休みの日にね。」なんて言い聞かせてるんだからなぁ。ねだりたくなるよね。イライラしてごめんね。

赤子は今日も平和。クビが随分しっかりとしてきたので、バンボチェアに座らせてみたり、ハイローチェアの背もたれを起こしてみたりしたところ、視界が変わるのがうれしかったのか、にこにことおしゃべりしていて愛らしかった。

今日、坊主の2ヵ月半ごろの動画を見ていたら、既にメリーをプレイジムに変形させてガンガン叩いて遊んだり、おもちゃを手に持って振り回したりしていた。 明後日には3ヶ月になろうという赤子、ソレに比べるとおとなしいというか…まだまだそんなに発達してない。メリーを目で追ってウーハーとにこにこするばかりで、積極的に外界に働きかけている様子はみられない。同じ子どもでも随分と違うもんだなぁと改めて思う。坊主はなにかと早かったからなぁ。赤子が普通なのだろうと思うけど。

それにしてもだ。赤子は本当に本当に本当に手がかからない、穏やかで楽チンな子である。 世間の赤子はみんなこうなんだろうか?みんなこんなに楽に子育てしてるんだろうか?そうだとしたら…すごくズルイ。坊主のときにした苦労はなんだったんだろうか…一人目だったからとかそういう問題ではないと思う。 

2011年1月27日 (木)

ムリは続かないな。

先週一週間は実に平和で、これなら意外とやっていけるかも!と思っていたんだけど…。今週は月曜の朝から、ワタシがお疲れモード。しかも、この日は坊主が昼寝してしまったために、夜12時をまわっても寝ない…。ワタシイライラ。翌日、いつも通りの時間に起床してきた坊主の不機嫌モードに、ワタシのイライラはさらに上昇。この日の昼間の坊主の甘えっぷりとわがままっぷりにイライラ爆発。普段なら聞き流せるような坊主の言動に対して、しつこいぐらいに怒ってしまった。 ワタシが怒る→坊主が泣く→さらにワタシが疲れる→坊主がしつこく甘えてくる…の悪循環の一日だった。

こりゃーいかん、これではいかん。先週が平和だったのは、ムリ気味に盛り上げてたからかも?ムリしたから疲れが残って、それでイライラしてしまったのかもと反省。もっともっと手を抜いた育児、気を抜いた無理ない育児を心がけることに。 坊主がさびしくないようにと授乳も坊主が遊ぶ傍らで、床にあぐらでやっていたんだけど、これがまた腰が痛いのなんのって。早速、これはやめることにした。 赤子を抱っこしながら、坊主と遊ぶのも極力減らして、坊主とめいっぱい遊ぶのは赤子が寝てる間だけに。赤子が起きてる間は、赤子をごろんと転がして、その足をモミモミしながら(赤子はこれが大好き)、坊主が繰り広げるゴッコ遊びに口だけで参加することにした。 夕飯の支度は、録画したアニメを見せてる間にちゃちゃっとやっつけることに。連日、手抜きの簡単なものばかりだけど仕方ないと諦めることにした。掃除も…もっとしっかりやりたいんだけど、最低限のことだけにして、細部は目をつぶることに。

それでも、やっぱり一週間は長いなぁ。明日でやっと金曜日か。

と、思う反面。 どんどん成長してしまう坊主に寂しいし…あまり手をかけないうちに育っている赤子に申し訳ない&これまた寂しい。あと一週間で3ヶ月になっちゃうなんて!早すぎ~。もっとずっと赤ちゃんのままでいいのにと思う。はぁ。親心は複雑だぜ。

2011年1月19日 (水)

庭仕事

今日も平和だった。

風が弱く日差しが暖かだったので、午後は外遊びをした。私一人で子二人での外は初。どうかな~と思ってけど、これまた劇的に平和だった。 坊主は外に出るとかなり一人で遊んでくれるので全然手がかからず、赤子はベビーカーに乗せて庭をぐるぐる回ってるうちに寝てしまい、そのまま2時間近く外で寝ていた。 先日、簡易ビニール温室を買って坊主の遊び場に設置したのがすばらしい働きをみせている。 先日の強風の日もその中で坊主を遊ばせることができたし、今日は赤子をヌクヌクお昼寝させることができた。締め切ってしまうと蒸し暑いくらいなので、出入り口全開にしてる。それでもポカポカだし鉢植えがあるので湿度も高く、冬の乾燥に赤子をさらすこともない。うーん、いい買い物をした。 平和な外遊びの時間に、花壇の通路等の雑草をかなりやっつけることができ、こぼれ種があちこちに発芽していたのを寄せ集めて、春に備えた寄せ植えを作ることも出来た。成長が楽しみ。

毎日こんなに平和だといいなぁ!